オンライン法要のやり方

オンラインで法要を行う方法 単発集金事例

本ページをご覧くださり、ありがとうございます。

新型コロナウイルス対策の接触回避による影響で、法要の執り行い可否に悩まれているお寺さんや檀家さんは多くいらっしゃると思います。

先進的なお寺さんの中には、
すでにオンラインによる映像を通じての法要を行われているところもいらっしゃるようです。
葬儀会社さんもオンライン葬儀の提供を始めだしています。

こちらの記事では、
オンラインによる法要の行い方をご紹介いたします。
方法は様々ございますが、
最もスムーズに行えるであろうという一例をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
ライザップイングリッシュ

<2000万人が受講したオンライン英会話>

スポンサーリンク
世界最大級のオンライン英会話EF English Live
スポンサーリンク
オンライン英会話

想定と前提

こちらの記事におきましては、
平常時には故人の縁者がお寺に集まって、
一周忌や三回忌などの法要を行うような文化をお持ちの
檀家さんやお寺さんを想定しており、
このような方々がオンラインで法要を執り行うとすれば、
どのような方法・手順で進められるのかをご紹介いたします。

また、
オンラインの法要を行うにあたり、
お寺さんや檀家さん、そのご親戚など、
法要に参加される全員が
インターネットを利用できる環境にいることを前提として
説明を行ってまいります。

さらに、
「メール」を使いますので、
お寺さんおよび参加者の全員が
「メールアドレス」
事前に取得しておく必要がございます。

必要なもの

オンラインによる法要は、
お寺さんと参加者のそれぞれが、
電子デバイス上で様子を見ながら会話ができる
オンラインビデオ通話ツール
を利用して執り行われます。

電子デバイスは、
「パソコン」「スマートフォン」「タブレット」
のいずれかを用意しなければなりませんが、
お寺さんは、
参加者全員の様子が確認できるように
画面が大きい
「パソコン」か「タブレット」

用意した方が良いと思います。
参加者の方々は、
お寺さんの様子さえ分かれば問題ないので、
「スマートフォン」のご利用でも大丈夫です
他の参加者の様子も確認したければ、
お寺さんと同様に、
大きめの画面の
「パソコン」か「タブレット」を用意した方が良いでしょう。
本記事では、
「タブレット」の利用を想定してご説明いたします。

用意したデバイス上で、
オンラインビデオ通話ツールを利用します。
オンラインビデオ通話ツールはいくつか存在していますが、
使いやすさの点から、
ウェブ会議サービスの【Zoom(ズーム)】
のご利用をおすすめいたします。
本記事では、
Zoomを利用した手順をご紹介いたします。

Video Conferencing, Web Conferencing, Webinars, Screen Sharing
Zoom is the leader in modern enterprise video communications, with an easy, reliable cloud platform for video and audio conferencing, chat, and webinars across ...

法要の様子を画面に映すにあたり、
カメラの向きを固定できるような「土台」が必要な場合もあると思います。

画面に映し出されている法要の様子が
暗くてあまり見えない状態であれば、
「照明」を用意して明るさを調整する必要もございます。

読経を行う際に
電子デバイスと距離が空いてしまいますと、
声を上手く収音できていない可能性もございます。
その場合は、
「マイク」をデバイスに接続して、
音質を高めた方が良いでしょう。

お布施の集金には、
オンライン集金ツール
を利用します。
すぐに集金を始められる
オンライン決済システム【WorksPay(ワークスペイ)】
のご利用がおすすめです。
WorksPayは、
現金化までの期間も最速1週間程と短く
操作方法がシンプルで分かりやすいサービスです。

オンライン法要の事前準備

利用サービスへの登録

Zoomへの登録

ウェブ会議サービスのZoomに登録を行います。
Zoomへの登録手順は以下の記事をご参照ください。
~Zoomの使い方【登録(サインアップ)編】~

Zoom(ズーム)のサイトはこちら

Video Conferencing, Web Conferencing, Webinars, Screen Sharing
Zoom is the leader in modern enterprise video communications, with an easy, reliable cloud platform for video and audio conferencing, chat, and webinars across ...

WorksPayへの登録

オンライン集金ツールのWorksPayに、ユーザー登録を行います。
ユーザー登録手順は、以下の記事の<ユーザー登録>に関する項目でご紹介しております。
~オンラインレッスンの最速で簡単な決済方法~

WorksPay(ワークスペイ)のサイトはこちら

オンライン集金ツール
習い事,ワークショップ,オンラインレッスン,オンラインコミュニケーションサービスなど様々なビジネスのキャッシュレス集金に便利|自動定期決済も簡単にできる【WorksPay】

お布施受け取りの事前準備

お布施を受け取るために、
WorksPay「おまかせ決済」という機能を利用します。

「おまかせ決済」というのは、
お支払い者が任意の金額を指定して支払いを行えるオンライン決済システムです。

WorksPay「バスケット」というオンライン上の仮想集金箱を作成して、
それに対して集金を行うしくみになっており、
「おまかせ決済」を利用するための「おまかせバスケット」というものを、
WorksPayにログインして作成します。

「おまかせ決済」の使い方はこちらの記事をご参照ください

「おまかせバスケット」は、
1つだけ作成されても良いですし、
檀家さんごとに別々のバスケットを作成して管理することもできます。

法要に関する案内通知

法要に関するお知らせの方法は、
お寺さんによって様々だと思いますが、
こちらの記事は、
オンライン法要をスムーズに行える一例としてご紹介いたします。

檀家さんに向けて
年忌に関する案内を行う際に、
法要はオンラインにて執り行うことを伝えます。

檀家さんが法要の実施を希望された場合は、
法要を行う日時を確認するのにあわせて、
オンライン法要に参加する人数と、
檀家さんのメールアドレスを聞いておきます。
ここで聞いたメールアドレスは、
今後の流れで必要になります。
ちなみに、
参加する人数というのは、
Zoomを使ってミーテイングにアクセスするデバイスの数と同義です。
ここで聞いた数と、
実際にミーティングでアクセスしてくる数が一致していなければ、
何かしらの認識の違いが発生しているということになります。

また、
オンライン法要をスムーズに行うためには、
法要を行う事前に
檀家さんなどの参加者全員が
Zoomへの登録を行っていなければなりません
ので、
法要の実行日までに
必ず参加者全員がZoomへの登録を済ませておいて欲しい旨

檀家さんに伝えておく必要があります。

檀家さんにZoomの登録方法を聞かれた場合は、
先ほどもご紹介した
Zoomの登録方法に関する記事
を参加者の方々にもご共有いただければ
問題無く登録をお済ませいただけると思います。

ZoomのミーティングIDを通知

ZoomにはミーティングIDと呼ばれる
オンラインミーティングを識別する番号が割り振られています。
ミーティングIDのうち、
各利用者に対して固定で割り振られている
「個人ミーティングID」と呼ばれるものがあります。
こちらの記事では、
スムーズなオンライン法要を行うために、
この「個人ミーティングID」を用いた
オンラインミーティングを利用します。

個人ミーティングIDによる
Zoom会議の開き方は、
Zoomの使い方【個人ミーティングIDで開催編】
をご参照ください。

上記のページをご参照いただきながら、
檀家さんのメールアドレス宛に、
個人ミーティングIDを送信します。

個人ミーティングIDを送る際に、
「通知した個人ミーティングIDを指定して
法要の日時ちょうどに
オンラインミーティングへ参加してもらう」

ように伝えます。

<参加者が個人ミーティングIDを指定してオンラインミーティングに参加する方法>
も上記の記事に記載しておりますので、
必要に応じて、
参加者の方々にこちらの記事をご紹介ください。

読経を開始する時間の10~15分程前
法要開始の日時としておけば、
オンラインミーティングが正常に行えるかどうか
をチェックする余裕ができると思います。

オンライン法要を行う

オンラインミーティングを起動

法要開始日時の5分前頃に、
Zoomのオンラインミーティングを起動して、
参加者のアクセスを待ちます。

Zoom-新規ミーティング
個人ミーティングIDをオン

ホーム画面の
「新規ミーティング」ボタンをタップして、
ミーティング開始の画面が表示されましたら、
必ず「個人ミーティングIDの使用」オンにして、
「ミーティングの開始」ボタンをタップしてください。

インターネットを使用した通話

「インターネットを使用した通話」をタップし、
参加者のアクセスを待ちます。

参加者のアクセスを許可

Zoom-許可する

予定されている参加人数分の
参加「許可」を順に行います。

ギャラリービューへ切り替えを押す
ギャラリービューに切り替える

お寺さんは、
参加者全員の様子を見やすくするために、
ミーティング画面左上にある
「ギャラリービューに切り替える」アイコンをタップし、
ミーティング参加者全員が画面分割されて表示される
「ギャラリービュー」を表示します。

Zoom-ギャラリービュー

読経

参加者全員がミーティング画面で、
お寺さんの様子を正常に見れているか
(映像が映っているか)
(音声が聞こえているか)

を確認します。

問題が無いようでしたら、
読経を始めるにあたって
雑音が入らないように
お寺さん以外の方の音声をオフにしてもらいます

音声入力をオフ

参加者は、
ミーティング画面に表示されている上画像のような
「ミュート」アイコンを押して、
音声入力をオフにします。

Zoom-音声がオフ

音声がオフの状態になりますと、
「ミュート」アイコンが上画像のように変化します。
読経終了後は、
このアイコンをタップして
音声をオンに戻せます

ここまでの手順が完了しましたら、
読経する様子を写す方へタブレットのカメラを向け、固定します

読経

読経の様子をしっかりと映せることが確認できましたら、
読経を開始します。

ミーティングを終了する

読経が終わり、法話や挨拶が終わりましたら、
Zoomのオンラインミーティングを終了させます。

Zoomを終了する

ミーティング画面にある
「終了」ボタンをタップします。

Zoom-全員に対してミーティングを終了

「全員に対してミーティングを終了」ボタンをタップして、
オンラインミーティングを終了します。
他の参加者は何もしなくても
それぞれのミーティング画面も同時に閉じられます。

これをもって、オンライン法要は終了となります。

お布施の集金

支払いページの通知

檀家さんのメールアドレス宛に、
お布施を支払うためのページ(WorksPayの決済ページ)をお知らせします

WorksPayへのアクセスはこちら

事前にWorksPayで作成した
「おまかせバスケット」の詳細画面を開きます。

決済ページのURLをコピー

画面に表示されている
「お支払いページのURLをコピー」ボタンをクリックします。

決済ページのURLがコピーされました

「お支払いページのURLをコピー」ボタンが
「コピーしました」という文字に変われば、
決済ページのURLがコピーされている状態になりますので、
檀家さん宛のメール本文に
「貼り付け」を行います。

お布施の決済ページを通知

貼り付けたURLの前半部分が、
https://works-pay.com/basket/label/~~~~~~~~~
となっていれば正しく決済ページのURLを貼れています。

メッセージの作成が完了しましたら、
檀家さん宛にメールを送信します。

お布施の支払い(檀家作業)

お布施に関するメールを受け取った檀家さんは、
メールに記載されたURLをクリックして、
お布施のお支払いページを開きます。
(檀家さんがWorksPayにユーザー登録していない場合は、ユーザー登録完了後にお支払いページが表示されます)

お布施の金額を入力

「おまかせ決済」の場合、
お支払いページを開きますと、
「金額入力」の画面が表示されます。

檀家さんは、
こちらにお布施の金額を入力し、
「お支払いへ進む」ボタンを押して決済ページに移ります。

支払いページのトップ

決済ページでは、
前の画面で入力した金額が支払い金額として表示されます。

家長の名前を入力

決済ページでは、
<お支払い者名>欄を利用して任意の支払い者名を設定できます。
例えば、
檀家さんの家長がご高齢で、支払いは子供が代わりに行う場合
<お支払い者名>家長の名前を入力すれば、
お寺さんへは、家長による支払いとして通知されます

カード情報の入力

その他の項目は、
檀家さんがカード情報などを入力して決済を完了させます。

お布施の確認

檀家さんによる決済が完了すると、
お寺さんに「決済完了の通知メール」が届きますので、
誰によるお布施なのかを、
メール本文または
WorksPayのバスケット詳細画面
で確認します。

おわりに

こちらの記事でご紹介したやり方は一例にすぎません。
お寺さんによって法要の行い方はそれぞれだと思いますので、
ご習慣やご都合にあわせて、
オンライン法要の実行方法をご検討ください。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました